ED治療の内容と費用

じょう泌尿器科クリニックでは、自費診療でED治療を行っています。
自費診療は院内処方ですので、患者さんは院内ですぐにED治療薬をお渡しする事ができます。
また、自費診療に対してのみ、カード払い対応もさせて頂いております。
このお薬は自費診療のため健康保険が使えません。
価格は全て消費税込みの料金となっています。
※ ED治療薬の処方は、目立たないように別途待合室を準備しております。

ED治療薬

初診料3,000円 再診料1,000円

 

バイアグラ50mg1,500円
バイアグラ(フィルムタイプ)25mg1,300円
バイアグラ(フィルムタイプ)50mg1,500円
シルデナフィル(バイアグラジェネリック)50mg900円
レビトラ10mg1,400円
レビトラ20mg1,600円
バルデナフィル(レビトラジェネリック)20mg1,300円
シアリス20mg1,700円
タダラフィル(シアリスジェネリック)20mg1,200円

すべて1錠(枚)の値段です。 ※税込み価格

※現在のED治療として用いられるのがPDE5阻害薬です。主にバイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類の薬が用いられ、それぞれ症状の程度や体質などに合わせて適したものを服用します。しかし、すべてのEDがこのPDE5阻害薬で改善するわけではありません。なかにはPDE5阻害薬が無効な症例もありますし、心疾患を有する患者や硝酸薬を使用中の患者、透析中の患者など服用が禁止されているケースもあります。こういった場合に用いられる治療法が、ICI治療です。

ED治療薬が服用できなくても、諦める必要なし!

陰茎海綿体注射(ICI治療)

ED治療といえばバイアグラやレビトラ、シアリスといったPDE5阻害薬の服用が一般的とされているため、使用不可の条件に当てはまる患者はEDの治療を諦めてしまうこともあります。しかし、ICI治療であればPDE5阻害薬が服用できない場合でも問題なく利用できますし、その効果も高いものです。
これまでED治療薬が服用できずに諦めていた人は、一度ICI治療を試してみてはいかがでしょうか。

勃起までの時間は5~15分、勃起の持続は90分前後

薬液を直接陰茎海綿体に自己注射後、陰茎を軽くマッサージしますと、5~15分で性交可能な硬さに勃起します。また射精をしても陰茎は硬いままで、90分前後勃起が持続します。引続き性交は可能であり、感度の低下もありません。

心臓病の方も大丈夫です!前立腺がん、膀胱がん術後の方、糖尿病や脊髄損傷などで性的不能の方も大丈夫です!

内服薬(バイアグラなど)のように全身に作用するのではなく、「陰茎のみ作用」しますので、心臓など体の他の部位への副作用は全くありません。血圧低下なども有りません。 また脳や神経からの勃起命令は不要なので、脊髄損傷、糖尿病性神経症、心因性など「神経の機能不全」が原因のEDの方でも、全く問題なく勃起します。

初診料3,000円 再診料1,000円

陰茎海綿体注射(ICI治療)指導料8,000円
ICI用薬液(針付き注射器、消毒綿付き)1本 8,000円

 

亀頭増大について

初診料3,000円 再診料1,000円

亀頭増大に用いるヒアルロン酸の種類によって料金は異なります(薬材料 5万~15万円+税)。
当院では麻酔料+手技料として50,000円(+税)で行っております。手術時間は15分程度です。
※申し訳ございませんが現在、亀頭増大術の治療は中止させていただいております。(再開時期は未定です。)

 

疲労回復・不眠治療・アンチエイジング

にんにく注射 アリナミン50mg+高濃度ビタミン1,000mg1,500円
にんにく注射(ビタミン2000) アリナミン50mg+高濃度ビタミン2,000mg2,000円
にんにく注射W アリナミン100mg+高濃度ビタミン2,000mg2,500円
【アンチエイジング】 プラセンタ療法皮下注射2ml2,000円
【アンチエイジング】 SP-プラセンタ療法皮下注射4ml4,000円

※プラセンタ療法は、今後献血ができなくなるため、別途同意書をご記入していただきます。